クラウン買取

クラウン買取価格アップのコツとは?

クラウンを一番高く売るコツは、車買取一括査定サイトを利用する事です!

 

一括査定サイトを利用すると、全国150社の中から最大10社に同時に買取査定依頼ができます。
複数業者に依頼を行うことで、いわばオークションのような感じでクラウンの高値買取に繋がるんです!

 

クラウンの査定額を無料でチェックしてみましょう!

 

 

 

クラウンの買取相場は?

クラウンと言えば、トヨタの誇る高級セダンです。
現在の自動車市場は、コンパクトハイブリッドカーが全盛です。
以前であれば、「いつかはクラウン」といったキャッチコピーが生まれる程、年齢を重ねる毎に高級タイプの車種に車を乗り継いだものですが、それはもう昔の話。
お金はあっても、「燃費最重視!」「大勢で乗れるミニバンが好き!」など価値観が多様化しており、その分いわゆるセダンの人気が低下しているのです。
クラウンも例外ではなく、人気は地盤沈下気味に推移しており、そういった点からも高値では買取されにくい状況とも言えます。

 

中古車買取市場で高値が付きやすいのは、人気はあるものの、市場に出回っている数が少ない車種です。
クラウンの場合、中古車を購入する若年層の人気がイマイチなのです。
そういった点で、クラウンには若干不利な面があるため、少しでも高く売れるよう当サイトを参考にして下さいね。
まずはクラウンの買取相場の一部を紹介します。

 

 

クラウン買取相場

査定時期 年式 グレード 走行距離 買取査定数(社) 最高額(万円)
2013/5 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

15,001〜
20,000 km

2 190
2013/4 H20

クラウン
アスリート(AT_2.5)

30,001〜
35,000 km

5 190
2013/2 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

110,001〜
120,000 km

3 150
2013/2 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

30,001〜
35,000 km

4 278
2013/1 H20

クラウン
アスリート(AT_3.5)

25,001〜
30,000 km

4 235
2013/1 H20

クラウン
3.5アスリート

30,001〜
35,000 km

2 230
2012/12 H20

クラウン
3.5アスリート

60,001〜
65,000 km

3 200
2012/11 H20

クラウン
アスリート(AT_3.5)

25,001〜
30,000 km

4 230
2012/6 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

55,001〜
60,000 km

3 210
2011/10 H20

クラウン
アスリート“Gパッケージ”(AT_3.5)

55,001〜
60,000 km

3 230
2011/9 H20

クラウン
2.5アスリート ナビパッケージ

55,001〜
60,000 km

7 270

※2014年1月時点のみんから口コミ投稿から抽出
※クラウンの買取額は、時期・地域・実車状態により変動する為、参考に留めて下さい。

 

クラウンを少しでも高く売るコツとは?

クラウンも他の中古車と同様に、基本的に一物一価ですので、実は過去の買取額にあまり意味はありません。
重要なのは、クラウン買取の相場傾向を読み取る事です。
上の相場表は、「みんから」という口コミ投稿サイトから、平成20年式のクラウン買取価格に関する投稿を抽出したものです。
平成20年式のクラウンは、中古車市場の在庫台数がもっと多く、買取価格もバランス良く分布している為、査定価格の動向を把握するのに適しています。
買取査定時期やグレードは相違していますが、ある傾向が読み取れると思いませんか?

 

 

クラウン買取査定時期と買取額の推移

査定時期 年式 グレード 走行距離 買取査定数(社) 最高額(万円)
2013/5 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

15,001〜
20,000 km

2 190
2013/2 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

110,001〜
120,000 km

3 150
2013/2 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

30,001〜
35,000 km

4 278
2012/6 H20

クラウン
アスリート“ナビパッケージ”(AT_2.5)

55,001〜
60,000 km

3 210
2011/9 H20

クラウン
2.5アスリート ナビパッケージ

55,001〜
60,000 km

7 270

 

同じグレードのクラウンを上の相場表から抜き出してみました。
どうでしょうか?
本来、クラウンも消費財ですので、時間の経過と共に価値が減少していく筈ですが、そうはなっていませんよね?

 

特筆すべき点は、2011年9月査定時と2012年6月査定時のクラウン買取金額の価格差です。
査定時期に若干の開きはあるものの、走行距離が同じなのに60万円もの金額差となっています。
通常、同一グレード、同一年式で、こういった事は起きないものなのです。

 

何故このような事が起きているのでしょう?
違いは、査定した会社数です。
2012年6月が3社なのに対し、2011年9月は4社は7社で査定を行っています。

 

もちろんクラウンの実車の状態で金額が相違している可能性もありますが、過去の買取事例をつぶさに見ていくと、同時査定数が多いほど買取価格も高くなる傾向があるのです。

 

買取業者は少しでも安く買いたいのが本音ですので、競争相手がいなければ、高値はつけません。
少しでも高くクラウンを売りたいなら、業者間で競争が起きる環境を作る必要があるのです。
とは言え、地元の買取業者や中古車販売店を1軒づつ回るのは大変ですよね。

 

 

当サイトでは、インターネットでのクラウン買取一括査定をオススメしています!
 

オススメの一括査定サイトはココ!

 

一括査定サイトを利用する事で、買取業者間で自然に競争が起きるため、クラウンの査定額アップに繋がります。
もちろん一括査定サイトは無料で利用できるので、余分な負担はありません

 

オススメしている一括査定サイトであれば、どこを利用しても問題ありませんが、一番オススメなのは(株)ウェブクルーの運営する「ズバット車買取比較.com」です。全国150社の中から最大10社で同時に査定ができ、使い勝手も良いので人気の高いサイトです。

 

一括査定サイトによって、参加している業者が異なる為、なるべく多く見積もりを集めるコツは、@ズバット車買取比較.comで査定を依頼、Aかんたん車査定ガイドで査定を依頼、B希望する査定数までカーセンサー.netで査定を依頼、という方法です。
若干手間は増えますが、その分高値買取に繋がる可能性が増えますので、参考にして下さい。

 

 

ズバット車買取比較.com

株式会社ウェブクルーの運営する「ズバット車買取比較.com」は、現在人気No.1の一括査定サイトです。
傘下買取業者数、買取業者の分布、画面の使いやすさ等のバランスが非常に良く、一括査定サイトを1つだけ利用するなら、ココがもっともオススメです。
「ズバット車買取比較.com」は、買取業者の抽出が固定方式なので、複数サイトで査定を行う場合は、まず「ズバット車買取比較.com」で査定依頼した後で、他のサイトで重複していない買取業者を選んで査定依頼を行うと良いでしょう。

 

 

ズバット車買取比較

簡単車査定ガイド

株式会社エイチームの運営する「簡単車査定ガイド」は、今人気急上昇中の一括査定サイトです。
最近CMなどで見掛けたという人も多いのではないでしょうか。
サイトの内容としては、名前の通りとにかく入力が簡単なのが特徴
入力に掛かる時間は30秒ほどで、入力後すぐに概算の査定額が表示されます。
傘下企業数は50社程ですが、いずれもJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良企業でで、大手に強いのが「簡単車査定ガイド」の特徴となっています。

 

 

かんたん車査定ガイド

カーセンサー.net

カーセンサー.netは、株式リクルートが運営する総合自動車情報サイトです。
カーセンサーは業界でも老舗で、知名度は抜群。カセンサーを知らない人はあまりいないでしょう。
一括査定サイトとしての特徴は、地元密着業者に強い点です。
地元業者は、基本的に買い取った車を直接販売する事が多く、オークション市場で転売する大手と比べると、高値の査定が出やすいのが特徴です。
ただし資金力が低いので、該当車種の在庫がある場合は、そもそも買取しない場合もあります。

 

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

自動車保険サイト

管理人が運営する、自動車保険関連の姉妹サイトを紹介します。
自動車保険を比較する際の、一括査定について解説したサイトとなります。
車を購入したり、自動車保険の満期日が近づいていて、もっと安い保険を探している方には、参考になると思います。

 

 

自動車保険 安い自動車保険をさがすコツ

 

 

 

紹介している自動車保険会社

アクサダイレクト
アメリカンホーム
イーデザイン損保
AIU保険
SBI損保
セゾン自動車火災
ソニー損保
チューリッヒ保険
東京海上日動火災
日本興亜損保
富士火災海上
そんぽ24
三井住友海上火災
三井ダイレクト

 

 

内容を一部紹介

自動車保険というのは、全て掛け捨ての保険で、事故を起こして補償を受ける事が無ければ1円も帰ってきません。
勿論、万が一に備えて保険は必要ですが、出来れば少しでも安い方が良いですよね。

 

「自動車保険 安い自動車保険をさがすコツ」では、保険証を安くする為のちょっとしたコツや、一括見積りサイトの紹介と体験レビュー、各自動車保険会社の評価・評判などを掲載しています。

 

以前は、自動車保険と言えば、代理店の営業マンにお任せでしたが、最近はダイレクト販売形式の保険が人気になっています。
ダイレクト販売形式の保険は、保険料は安いものの自分でプランや補償内容を判断する必要がある為、保険選びが複雑になっています。
自動車保険の満期日は近づいて来たら、何も考えずに更新するのではなく、保険を見直してみる事をおすすめします。

 

 

もし宜しければ、こちらのサイトも利用してみて下さいね。